ぶらあび

クラシック・ジャズ・タンゴ・邦楽・民族音楽等の音楽、オペラ・バレエ・ダンス・ミュージカル・能楽・歌舞伎・文楽・日本舞踊等の演劇、落語・講談等の芸能、茶道・華道・香道等の芸道、絵画・彫刻・陶芸・書画等の美術、古典文学・思想書・宗教書等の文学の感想等をメモ帳代りに書き綴って行きます。Copyright (C) 2007-2018 Administrator All Rights Reserved.

NHK文化センター町田教室「レコードでJAZZ名盤を聴く」

【演題】NHK文化センター町田教室「レコードでJAZZ名盤を聴く」
【演目】ウイントン・ケリー   COME RAIN OR COME SHINE
                MAKE THE MAN LOVE ME
                AUTUMN LEAVES
    コールマン・ホーキンス ALL THE THINGS YOU ARE
    ビリー・ホリデー    FOR ALL WE KNOW
                VIOLETS FOR YOUR FURS
    ソニー・ロリンズ    I’M AN OLD COWHAND
                SOLITUDE
    ホレス・シルヴァー   SONG FOR MY FATHER
    ビル・エヴァンス    COME RAIN OR COME SHINE
                AUTUMN LEAVES
    ジョン・コルトレーン  SAY IT
                YOU DON’T KNOW WHAT LOVE IS
    ハンク・モブレイ    REMEMBER
                THIS I DIG OF YOU
    ダイナ・ワシントン   WHAT A DIFF’RENCE A DAY MADE
                IT’S MAGIC
                A SUNDAY KIND OF LOVE
【解説】宮崎昌也(JAZZ喫茶Nica'sオーナー)
【会場】JAZZ喫茶Nica's
【開演】13時〜
【料金】3,255円
【感想】
今日は町田のJAZZ喫茶Nica'sでレクチャー・レコードコンサート(NHK文化センター町田教室主催)があったので聴きに行くことにしました。オーナーの宮崎昌也さんのウンチク話しが面白く非常に勉強になりましたし、このレクコンを企画しているNHK文化センターのご担当の方の熱い想いも伝わってきて良い会になりました。JAZZ喫茶Nica'sは約20名弱の客席のこじんまりとした店内で、ゆっくり音楽に耳を傾けることができる落ち着いた雰囲気が魅力です。久しぶりにアナログの音を聴きましたが、音が生々しいというか柔らかいというかその場の空気まで伝えてくれるような独特の臨場感があります。今日は(いつもと比べて)大音量で名盤の数々を堪能できましたが、とりわけコールマン・ホーキンスの男性的な野太い響きの豪快なサックスには痺れました。初めて実物を目にするLPのジャケットなどもあり、(下世話なことをいうようですが)これらのお宝はさぞプレミアムが付いていることでしょうな。次回は12月19日なので、(客層はコアですが)ビギナーの方にもオススメしておきましょう。なお、普段の日はJAZZが流れる普通の喫茶店なので、町田に来た際にはフラッと寄られてみてはいかが。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~nicas/
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_545491.html