ぶらあび

クラシック・ジャズ・タンゴ・邦楽・民族音楽等の音楽、オペラ・バレエ・ダンス・ミュージカル・能楽・歌舞伎・文楽・日本舞踊等の演劇、落語・講談等の芸能、茶道・華道・香道等の芸道、絵画・彫刻・陶芸・書画等の美術、古典文学・思想書・宗教書等の文学の感想等をメモ帳代りに書き綴って行きます。Copyright (C) 2007-2018 Administrator All Rights Reserved.

【速報】成田達輝さん、エリザベート王妃国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で第2位を受賞!!

入院中の病床にて。
本日の五月晴れのような清々しいニュースが飛び込んできました。先程、エリザベート王妃国際音楽コンクール ヴァイオリン部門の結果発表があり、我らの成田達輝さんが第2位を受賞されました!!!もきゃ−−−−!!!!本当におめでとう、目が潤んでキーボードが打てません...

ヴァイオリン部門の審査結果は以下のとおりです。決勝戦では第1位のアンドレイ・バラノフさんと第2位の成田達輝さんの演奏で会場がスタンディングオベーションになったそうですから、どちらが優勝してもおかしくない実力の拮抗した勝負だったのでしょう。

Andrey Baranov has won the 2012 violin competition. He receives a prize of 25.000 eur and the ‘Huggins’ Stradivarius (1708), on loan for a period of three years by the Nippon Music Foundation. Tatsuki Narita is second laureate, Hyun Su Shin is third laureate. Fourth laureate is Esther Yoo, fifth laureate Yu-Chien Tseng, who has also won both prizes of the public, and sixth laureate Artiom Shishkov. An overview of the prizes is presented in the violin 2012 menu.
http://www.cmireb.be/

ひとしきり泣いてから、後で書き足します。

PS、看護士さんへ、シメサバの刺身が食べたいですぅ...