ぶらあび

クラシック・ジャズ・タンゴ・邦楽・民族音楽等の音楽、オペラ・バレエ・ダンス・ミュージカル・能楽・歌舞伎・文楽・日本舞踊等の演劇、落語・講談等の芸能、茶道・華道・香道等の芸道、絵画・彫刻・陶芸・書画等の美術、古典文学・思想書・宗教書等の文学の感想等をメモ帳代りに書き綴って行きます。Copyright (C) 2007-2018 Administrator All Rights Reserved.

マーラー

【題名】マーラー(原題:Mahler)
【監督】ケン・ラッセル
【脚本】ケン・ラッセル
【指揮】ベルナルド・ハイティンク
【楽団】アムステルダム・コンセントヘボウ管弦楽団
【出演】<グスタフ・マーラー>ロバート・パウエル
    <グスタフ・アルマ>ジョージナ・ヘイル
    <バーナード・マーラー>リー・モンタギュー
    <マリエ・マーラー>ロザリー・クラッチリー  ほか多数
【料金】TUTAYA 旧作100円
【感想】
語呂合せが好きな日本人。2月22日(にゃんにゃんにゃん)は猫の日、10月10日(とーとー)は便器の日ですが、今日、6月15日と言えば?・・・・・・・(シンキングタイム)・・・・・・・オーム(06)とインコ(15)の日だそうです。先日、能楽の詞章は掛詞の連鎖で世界観を広げて行くという話をしましたが、(自分でこんなことを書きながら何なのですが)同じ言葉遊びでもその遊び方は低級(駄洒落のレベル)になってしまいました。

マーラー [DVD]

マーラーを題材とした映画は昨年公開された「マーラー 君に捧げるアダージョ」(原題:Mahler auf der Couch、邦訳:カウチの上のマーラー)が記憶に新しいですが、ケン・ラッセル監督の「マーラー」(原題:Mahler)が色々な意味でインパクトがあると思います。冒頭からケン・ラッセルの毒花が咲き乱れ、マーラー交響曲第3番が流れるなか、湖畔の作曲小屋が炎上し、繭に包まれた女性(アルマ)が脱皮するというシュール(あるいはグロテスク)な映像で始まりますが、(これでケン・ラッセルが何を表現しようとしているのかは各人の解釈に任せるとして)この種のシュールな映像に嫌悪感を抱く人は面を喰らうかもしれません。マーラーニューヨーク・フィルの指揮者を降板し、ウィーンに戻る汽車の中で、様々な夢を見ながら過去を回想するという構成になっていますが、マーラーが汽車の中で心臓発作で倒れるシーンやワーグナーの妻コジマに取り入るために改宗するシーンで見る悪夢は悪ノリとしか言いようのない先鋭的(というより荒唐無稽)な映像で思わず苦笑してしまいます。その一方で、全編に亘ってマーラーの音楽が散りばめられ、マーラーの音楽世界のイメージを膨らませてくれる映像(とりわけ美しい自然の景色)と共にマーラーの人生と音楽に付き纏う「死」の影が印象的に描き込まれているところがこの映画の最大の魅力だと思います。R.パウエルさんが演じるマーラーはその神経質な性格が良く醸し出されていますし、アルマとの微妙な夫婦関係などもデリケートに描かれています。決して万人ウケするような優等生の映画ではありませんが、ケン・ラッセルの独(毒)得の表現手法に対する免疫力をお持ちの方はそれなりに楽しめるかもしれません。

マーラー 君に捧げるアダージョ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

ところで、先日、ドコモによるタワレコの子会社化がニュースになっていましたが、先頃、ローソンがHMVを買収したことを受けて、セブン&ホールディングス(株式保有率2位)がタワレコの株式を買い増していたことがドコモによるタワレコの子会社化に踏み切らせた背景にあったものと思われます。新聞発表のような単なるCDのモバイル通販事業だけではなく、スマホタブレットによるモバイルマルチメディア化が個人に浸透している時代にはCDは媒体として古いので、デジタルモバイルコンテンツ事業に注力して貰いたいです。せっかく子会社化する訳ですからシナジー効果を最大限に発揮して貰うことが消費者の利益にも資することになりますので、今後のドコモ&タワレコの積極的な事業展開に期待したいです。

http://www.asahi.com/business/update/0611/TKY201206110445.html

今秋にもバッテリー容量が大きい“iPhone5”がリリースされるという噂ですが、Radikaのエアチェック、CDの録音やその他の音声(音楽)系のコンテンツは「iPhone」、You Tubeのダウンロード、DVDの録音やその他の映像系のコンテンツは「iPad」に入れて、外出先で楽しんでいます。モバイルマルチメディアを楽しむにあたっては「iPhone」「iPad」のHDD容量とバッテリー容量に加えて、データ通信速度がものを言います。ご参考まで、以下に各キャリアのサービスの比較表を掲載しておきます。*因みに、僕はデータ通信速度が最も早く地下鉄でも使える「ソフトバンク」を愛用しています。

サービス キャリア 速度 料金 総合評価
ULTRA WiFi 4G Soft Bank 76Mbps 3,880円
EMOBILE 4G e-Access 75Mbps 3,880円
Xi NTT docomo 75Mbps 4,410円    ※期間限定料金
WiFi WALKER au 40Mbps 4,410円    ※期間限定料金 ×

マーラー交響曲第5番第四楽章はもう紹介していますが、今回はピアノ版とジャズ版をご紹介します。
▼ピアノ版

▼ジャズ版

◆おまけ
今日がオームとインコの日に因んで、鳥に纏わる曲をご紹介。
ヘンデル オルガン協奏曲第2集第13番「かっこうとナイチンゲール

シューベルト 白鳥の歌よりセレナード

サンサーンス 白鳥

レスピーギ 組曲「鳥」

カザルス 鳥の歌