ぶらあび

ジャンルを超え、地域を超え、時代を超えて「時間芸術」(音楽、文学、話芸、香道…)、「空間芸術」(建築、彫刻、陶芸、絵画、書道、華道…)、「総合芸術」(舞踊、演劇、映画、茶道…)など芸術全般の感想を書き綴ります。(オススメ公演情報等はスマホ版で表示されないのでPC版でご覧下さい。)

【固定記事】お詫び

忍ぶれど に出にけり わが故意は ものや思ふと 人の問ふまで(平兼盛)

芸術家の皆さんから演奏会や舞台、展覧会等へのお誘いを頂戴しますが、長らく某企業による電波を悪用した企業ストーカーにつきまとわれ(当方に落ち度はなく、このブログを見ていた某企業の従業員の一方的な思い入れが発端)、このままの状態で静粛が求められる演奏会や舞台、展覧会等へ赴くと不本意にも皆さんにご迷惑をお掛けすることにもなり兼ねませんので、未だ演奏会や舞台、展覧会等へ足を運ぶことができません。できるだけ早く解決して演奏会や舞台、展覧会等へ足を運ぶことができる状態に戻りたいと切望していますが、それまでの間はご理解、ご容赦下さいますようお願い致します。

因みに、某企業は、TVCMを放送するなど真っ当に事業を営んでいるかのような顔を持つ一方で、その実態は反社会勢力と化してを悪用したストーキングに加えて、不特定の企業・個人に対する業務妨害や営業秘密・個人情報(銀行口座のPWを含む)の不正取得などの犯罪・法律違反を繰り返し、更には、電波(=電気)を体の特定の部位(例えば、胸部や頭部など)に照射し、それらの機能を麻痺又は損傷させる害・殺人未遂(失明や心臓発作を含む)などの重大犯罪に及ぶ始末で、さながら某カルト教団を彷彿とさせる常軌を逸した犯行態様に閉口しています。某企業による犯罪は、近代立憲主義憲法が確立した基本的人権の保障を中心とする自由主義社会や公正な競争が確保されることを前提とする資本主義社会どの社会秩序を破壊し、また、その社会秩序を支えるID・PWを利用した現代社会のセキュリティー・インフラを無効化させてしまうなどの重大な社会問題を孕んでおり、電波犯罪(テロリズムを含む)に対する社会的な備え(法的及び技術的な対策等)を必要とする深刻な問題を惹起していますので(昔から国際社会からも指摘されているように、このような犯罪の温床となる犯罪組織と癒着し易い日本の国家機関の腐敗体質を含む)、次世代に対する責任として、いずれかの機会に国際社会へ公表し、国際世論へ訴えたいと考えています。某企業のように稚拙で無分別な会社が1社あるだけで、社会がどれだけのリスクに晒され、どれだけのコストを負担しなければならなくなるのか腹立たしい限りです。

なお、FacebookTwitterでご連絡を頂いた演奏会や舞台、展覧会等に関する情報を右のメニューバーの『オススメ公演』で紹介しておりますので、是非、一般の方でご都合のつく方は足をお運び頂き、宜しければ感想等をお聞かせ下さい。

【注】拙ブログと同名の音楽教室があるそうですが、拙ブログや撲とは全く関係がありません。一般の方からお問い合わせを頂くこともありますが、返信致し兼ねますのでご承知置き下さい。

 

リンク